畜産バイオマス事業について

事業目的

▲
家畜排泄物

家畜排泄物は、適切に処理されなければ悪臭、水質汚染、地球温暖化などの環境負荷が発生します。

例えば、牛一頭の糞尿からはプリウス一台分の排気ガスとほぼ等しい量のCO2が排出され、地球温暖化など環境への悪影響が懸念されています。

畜産バイオマス事業では以下の3点を事業目的とし、こうした環境負荷を軽減する取り組みを行っています。

緑化事業目的1環境改善効果の高い建物緑化の推進

緑化事業目的2緑化コストの低減による建物緑化の推進

緑化事業目的3リサイクル材の活用による循環型社会の実現

商品

resQ45 レスキュー45

販売代理店

▲

豊田通商株式会社「農水事業部」

東京都港区港南2-3-13 品川フロントビル TEL:03-4306-3834 FAX :03-4306-8863
http://www.toyota-tsusho.com/company/link.html

このページの先頭に戻る