環境改善植物

-

植物の環境改善効果

▲

植物には地球温暖化の原因物質であるCO2を光合成により固定し、地球温暖化を防止する効果があり、また、気孔でのガス交換により大気汚染物質であるNO2等を固定し大気浄化を行います。気孔から蒸散される水は温度を下げる効果があり、ヒートアイランド現象の緩和にも貢献します。

植物の環境改善効果

開発されている植物

▲

植物の開発は、トヨタ自動車バイオ緑化研究所にて行われています。
開発対象の植物は、幹や茎に蓄積されるCO2が長期間に渡って固定され、利用される面積の広い樹木や多年草を中心としています。

開発のねらい

▲

改善効果の高い植物を開発すると共に、普及を促進するため、緑化コスト削減と景観性向上との両立を目指し、緑地の質の向上と緑地の量の増加に努めています。

チェリーセイジ・キルシェレッドとツツジの温度比較(表面温度の測定例)

温度比較

キルシェレッドの表面温度がツツジより5℃程度低い(※環境条件によって測定結果は変動します)

商品ラインナップ

▲
環境改善植物
チェリーセイジ キルシェレッド

チェリーセイジ

チェリーセイジ キルシェピンク

チェリーセイジ

クチナシ ヴァルト

クチナシ

商品名
ヴァルト

環境緑化植物
ローマンカモミール クルツ

ローマンカモミール

商品名
クルツ

ローズマリー グレースフルピンク

ローズマリー

ローズマリー グレースフルブルー

ローズマリー

このページの先頭に戻る